電気保安法人とは

電気保安法人とは

電気保安法人(でんきほあんほうじん)とは、自家用電気工作物の電気保安に関する業務を事業者等に代わって(外部委託を受けて)行うことが認められた日本の法人である。(wikipedia引用)

自家用電気工作物を設置するものに対して、自主保安管理体制を確保することが、法律で義務付けられています。高圧で受電する自家用電気工作物の取扱いには、専門の知識と技術を持った電気技術者が必要です。

電気管理技術者・電気保安法人に保安管理業務を委託した場合、施設ごとに選任の電気主任技術者をおく必要がなく、人件費が節約できます。

電気設備の保安管理業務を委託されることは、確かな安全と経営の合理化につながります。

自家用電気工作物を設置するものは、その電気工作物の工事・維持・運用に関する保安を確保するために、保安管理規定を定め、保安の監督をさせる電気主任技術者を選任しなければいけません。