電気保安法人設立メリット

電気保安法人設立メリット

  1. 定期的な収入の確保

    定期的な収入の確保

    毎月の手数料収入がある。(検査は、ほぼ2ヶ月に1回で、1回の検査時間も月次点検では30分程度。年次点検においては、業務に慣れると1時間程度で作業が可能。)

  2. 受託件数増加に伴う高収益化

    受託件数増加に伴う高収益化

    検査員一人が可能な年間平均検査件数は、50件から80件で、1件の年間受託契約金額を仮に8万円とすると、400万円からの事業収入になり、契約金額の高い受託先だと仮に1件50万円とすると、2,500万円程度の事業収入となる。

  3. 設備納品後のアフターメンテナンス

    設備納品後のアフターメンテナンス

    設備を納品した後も点検作業が可能なため、顧客との信頼性が高まる。

  4. 受託した設備の定期的な修理依頼

    受託した設備の定期的な修理依頼

    不具合が発生した場合、そのまま自社の工事部門に対応させることが可能であるため、ワンストップで修理依頼を受けることが可能。

  5. 他社との差別化

    他者との差別化

    どなたでも取得できる資格ではないため、他者との差別化を図ることが可能。